上板橋南口整骨院

上板橋南口整骨院

スポーツ障害

悩みタイトル

  1. 明るい挨拶

    テニスをしていると肘が痛い
    野球をしていると肘が痛い
    ジャンプすると膝が痛い
    走ると膝が痛い
    腰を反らすと痛い

    等のお悩みはありませんか?
    もしかしたらそれはスポーツ障害の可能性があります。
    1、通称 テニス肘と言われているもので特にバックハンドの動作で痛みが出る症状ですが一般的に使い過ぎにより同じような症状になります。
    2、通称 野球肘と言われているもので野球の投球動作で痛みがでる症状です。
    安静にできるのであれば比較的早期に改善し易いです。
    3、4通称 ジャンパー膝 走ったりジャンプを繰り返していると痛くなる症状です。
    5、腰椎分離症の可能性があります。

  2. そもそもスポーツ障害とは?当院の考え

    明るい挨拶

    スポーツ障害とは何かというとスポーツをしていない方にはあまりピンとこないと思いますが基本的には同じスポーツを続ける事によって筋肉や骨に大きな負荷をかけることによっておこる外傷や障害の事を指します。
    スポーツをされている方は心当たりがあると思いますが、基本的には同じ動作の繰り返しになります。1回あたりの負荷は少なかったとしても同じところに繰り返しの負荷がかかることによって引き起こされるものになります。
    身体に負荷がかかり続蹴ることによってたとえ弱い力でも骨折や筋肉の炎症などを起こしやすくなります。特に中高生に多い症状です。理由としてはまだ骨が固まっていない時期に繰り返しの負荷をかけ続けているので出やすいです。
    良く聞く症状としては 肉離れ、捻挫、突き指、脱臼、半月板損傷、靭帯損傷、オスグット、ジャンパー膝、ランナー膝、野球肩、野球肘、テニス肘、
    椎間板ヘルニア、疲労骨折などです。なってしまってからだと改善までに時間がかかってしまうのでできるだけ予防をしておいてください。
    具体的には運動前の準備体操やストレッチ、運動後のクールダウンなどで翌日に疲労を残さないようにしましょう。

  3. スポーツ障害を放っておくとどうなるのか

    明るい挨拶

    スポーツ障害だけではなく全般的に言えることですが、
    例えば右の腰が痛いとします。そういう時は皆さんどうしますか?
    基本的には右の腰が痛くないような体勢を取ります。イメージとしては左側に重心をかけるイメージです。そうするとどうなるのか?痛める前までは左右の腰にかかっている負担が50.0%ずつだとして右腰に痛みがでた場合は状態にもよりますが軽度だと右40.0%左60.0%(もちろん痛みかたによってこの比率は変わります。)という風に左側に余計な負担が10.0%多くかかります。短時間であればそこまでの負担はかかりませんが長時間立つと大きな負荷になり左腰も痛みが出てしまいます。なので痛いけど我慢できるからと放置してしまうと今まで痛くなかった所まで痛くなり完治するまでの期間が大幅に伸びてしまいますので早目の受診をお勧めします。

  4. スポーツ障害にはどんな施術メニューがおすすめですか?

    姿勢矯正

    症状にもよりますが急性期には患部をアイシング、患部の周りを手技治療で血流を良くする治療を行います。また痛みが強い場合は電気治療、周りの筋肉の硬さが強い場合は鍼治療、また全体のバランスを整えていく矯正治療があります。 一つ一つの治療を詳しく説明していきます。
    アイシング 本来は筋肉を温めて血流を良くしていくのが一番ですが、炎症がある場合はその部分を温めてしまいますと炎症が広がり痛みが強くなることがあります。なので急性期は冷やします。
    手技治療  患部やその周りを刺激して血流を良くしていき回復を高めます。
    電気治療  痛みが強くまた原因が関節にある場合は電気治療で原因である関節の動きを良くするための電気治療です。
    鍼治療   痛みが強くまた原因が筋肉にある場合は鍼治療で原因である筋肉の動きを良くする為 また回復力を上げる効果もあります。
    矯正治療  歪みがある事でかかってしまっている負荷を無くし全体のバランスを整えていきます。
    先ずは来院して頂き症状を確認してからどの治療が一番適しているかを判断させて頂きますので痛みや違和感を感じた場合はお早めにお待ちしております。

  5. その施術を受けるとどう軽減するのか

    明るい挨拶

    1、アイシング 炎症を持った患部を冷やす効果があります。
    2、手技治療  炎症を持った部分以外の血液の循環を良くして回復をたかめる効果があります。
    3、電気治療 筋肉の硬さを取る効果もありますが主に関節の動きを良くしたり炎症を取る効果があります。
    4、鍼治療   痛みを取る効果や血液の循環を良くする効果があります。
    手技治療と鍼治療どちらも血液の循環を高めるものなので違いを説明します。
    手技治療 お身体を触られるのは基本的には違和感です。人間の体は外部からの刺激が加わるとその部分を守ろうとする効果がハタラキその部分に血液や酸素を集めます。その集まった酸素や血液が体の回復力を上げてくれます。
    鍼も基本的には同じなのですが皆さんソウゾウシテみてください。
    注射する前に腕にアルコール消毒するのと注射されるのはどっちの方が刺激が強いですか?もちろん後者ですよね?刺激が強ければそれだけ治る力も強くなりますが強すぎる刺激は逆効果になりやすいので注意が必要です。
    5、矯正治療 全体のバランスを整えることで負担を少なくすることができます。

  6. 改善するための通院(施術)頻度は?

    明るい挨拶

    もちろん症状の重さにもよりますが、初期の症状であれば痛みが半分くらいになるまでにおよそ2週間毎日のご来院をお勧めします。
    痛みが出ている間スポーツをやめていただき安静にしていていただけるのであれば治療頻度は週2回~3回で1か月から3ヶ月が目安にになります。
    スポーツを続けながら通院するのであれば理想は毎日最低でもスポーツ後に通院していただき3ヶ月から6か月くらいが目安になります。これは上記の3~5の治療を並行してうけていただいた場合ですので1と2の治療だともう少しかかります。

▲ページの先頭へ戻る

上板橋南口整骨院のご案内

【住所】〒174-0076 東京都板橋区上板橋1-26-7 上岡ビル1F 【電話】 TEL:03-5921-2024

上板橋南口整骨院景観
受付時間 土・祝・日
10:00~13:00 9:00~13:00
15:00~21:00 15:00~17:30

年中無休で営業しております。

当院までの地図

東武東上線「上板橋駅」から上板橋南口整骨院まで徒歩1分。

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

上板橋、常盤台、桜川、中台など広く地域の方にお越しいただいております。


お気軽にお問い合わせください
  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る